sen-on

Ableton Liveでダックディレイ&ダックリバーブを使う

ダックディレイは、ドライ音に合わせて音を”引っ込める”ディレイです。

ダックリバーブは、ドライ音に(以下略)

こんな感じです。

<ドライ>

MoovmentよりMIWAイノウエさんのボーカル。

異世界的な雰囲気を出すために、がっつり空間系をかけたいと思います。

<普通のディレイ&リバーブ>

がっつり空間系をかけると雰囲気は出るけど、音が遠い感じに。

<ダックディレイ&リバーブ>

ダックディレイ&リバーブは音が近い感じのまま、雰囲気を出せます。

設定はこんな感じです。

オーディオエフェクトラックにチェーンを2つ作り、

片方にディレイ(リバーブ)とコンプレッサーを入れます。

ディレイ(リバーブ)は100%ウェットもしくはドライを-inf dBにします。

エフェクト音とドライ音のバランスはエフェクトラックのミキサーで調整します。

コンプレッサーの▼を押して「Sidechain」をオンにし、

「Audio From」を同じトラックにします。

ポイントはここで「Pre FX」にすることです。

こうすることでドライ音に合わせてコンプレッサーがかかり、ディレイ音を引っ込めます。

引っ込み具合はスレッショルドで調整、レシオは2~4:1ぐらい。

アタックやリリースはものによって違うんですが、あんまり気にしなくてもいいと思います。

ちょっと不自然に聞こえる場合はリリースを少し長くします。

長くしすぎると単純に音が小さいディレイになってしまいます。

普通の、自然な奥行きが欲しい場合は、ダックディレイやダックリバーブを使わず、

普通のディレイやリバーブを薄くかけた方がたいていうまくいくと思います。

基本的にはヘンな響きがほしい人向け。

#Ableton小ネタ #エフェクト #リバーブ

最新記事
過去の記事
記事カテゴリー
  • グレーのアイコンSoundCloudが
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーのRSSアイコン
関連記事
先音工房のリリース(Paypalかクレジットカートで購入できます。FLAC Lossless/MP3 320kbpsでDL可能)