sen-on

BT "These Hopeful Machines":エモーショナルクラブ音楽ガイド

BTのシンセサイザープログラミング技術はまさに魔術的であり、しばしば信仰の対象となる。この信仰をBTismと呼び、クラブ音楽界には多数の信者、すなわちBTistがいる。BTismの聖典はいくつか存在するが、その中でも最高の聖典として別格視されているのが、2009年にリリースされた「These Hopeful Machines」である。緑のジャケットの中央に描かれたBTの御顔。これを崇拝するのは偶像崇拝にあたるので良くない信仰で(というかなぜそこに顔を入れた)、崇拝すべきはやはりBTのシンセサイザーマジックによる圧倒的世界なのだ。

BTの魔術は、源は同じながら2つの異なる流れが存在する。超絶的なスタッターによって聞くもののテンションを否応なしに高めていく陽の魔術と、超複雑なボイシングとオーディオ加工により聞くものをBTのディープな神秘主義世界の深淵に引きずり込む陰の魔術と言ってもいい。Moovment Still Lifeまではこの2つの流れはひとつのアルバムの中でまとめられていたが、次の「Emotional Techonology」と「This Binary Universe」で、それぞれの流れが極めて先鋭化された形で完全に二分されることになった。この2つのアルバムは知らない人が聞けば同じ人間が生み出したものとは思えないほどの差がある。

「These Hopeful Machines」はこの2つの流れを統合した真のBTismを体現するアルバムだ。様々な音楽的要素をひとつに混ぜ合わせながら独自の異世界を創り出し、テンションを高めつつリスナーをその世界に吸い込んでいく。

BTismはここに完成した。These Hopeful MachinesはBTistたちに熱狂でもって迎えられたが、同時にある不安を抱かせることにもなった。BTはこの先These Hopeful Machinesを超えるアルバムを生み出すことができるのだろうか。BTはその後も素晴らしいトラックとアルバムを生み出し続けているが、その不安は未だに消えていない。

驚異のスタッターマジックが炸裂する "The Light In Things"

#BT #Trance #トランス #Progressive #プログレッシブ #Electronica #エレクトロニカ

最新記事