sen-on

Ableton Live 逆転リバーブで異世界感を出す

逆転リバーブと呼んでいるんですが、もっといい呼び名がある気もします。

タイムワープしているような、異世界的な質感がつくれます。

Ableton Liveである必要は特にないです。

普通のリバーブをかけるとこんな感じです。

さきほどのボーカルに逆転リバーブをかけるとこんな感じ。

手順はこちら。

1:逆転リバーブをかけたいクリップをクロップし、別トラックに移す

2:移したクリップを逆転する(Abletonだと「Rev」ボタン)

3:移したトラックにウェット100%で好きなリバーブをかけ、フリーズする

4:フリーズしたトラックを「フラット化」する(or別のトラックにコピー)

5:クリップをもう一度逆転する

5の段階でそのままのタイミングよりも、若干遅くしたほうがうまく聞こえることが多いです。

EQで低音をカットしたり、元のトラックからサイドチェーンしたりするとスッキリします。

ちなみに上の例では サイドチェーンを入れ、EQで1kHz以下を8dBほどカットしています。

そもそもリバーブがダックリバーブだったりします。

#Ableton小ネタ #リバーブ #エフェクト

最新記事
過去の記事
記事カテゴリー
  • グレーのアイコンSoundCloudが
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • グレーのRSSアイコン
関連記事
先音工房のリリース(Paypalかクレジットカートで購入できます。FLAC Lossless/MP3 320kbpsでDL可能)