sen-on

Ableton LiveのMIDIエフェクトチェーンを反映させる

AbletonでMIDIエフェクトチェーンをクリップに反映させたい場合は、

新しいトラックをつくり、I/OのMIDI Inputを元のトラックに設定します。

この新しくつくったトラックをアーム(録音待機)状態にして録音すれば、

クリップやアレンジメント上にMIDIエフェクトチェーンが反映された状態で記録されます。

アルペジエイターをかけてから手作業で微調整する際などに便利です。

なお、オーディオエフェクトチェーンを反映させる場合は、

トラックを一度フリーズして、必要な部分を別のオーディオトラックにコピーします。

「トラックをフラット化」しなくても大丈夫です。

#Ableton小ネタ #エフェクト

最新記事