sen-on

Ableton Liveのデバイスチェーン上でボリューム調整をする方法


Abletonでボリュームのオートメーションを描くときは、

ミキサーのボリュームではなく、デバイスチェーン上にボリュームを置きます。

ミキサーのボリュームでオートメーションを描くと、後の調整が面倒になります。

Utilityツールが簡単ですが、-36dBまでなので完全な無音(-inf)にはなりません。

無音状態まで音を絞れるようにしたいときは、

「Audio Effect Rack」を入れて、右クリックから空のチェーンをつくります。

このチェーンのボリュームは+6.0dBから-inf(無音)まで調整できます。

ボリュームと、ついでにパンもマクロにマッピングし、

簡易ユーティリティーとして保存しておくと便利です。

0.0dB以上は必要ないことも多いので、この場合はマッピングで上限を0.0dBにしておくと、

オートメーションを描くのがずっと楽になります。

#Ableton小ネタ

最新記事